御守博物館

日本全国の御守りを紹介します

金山神社/ Kanayama-jinja

金山比古神+金山比売神Kanayamahiko-no-kami+kanayamajhime-no-kami

夫婦和合

“かなまら様”と呼ばれる性命力あふれる性と鍛冶の金魔羅御守り。

御守りサイズ:W43mm × H77mm

守札(ご祭神/ご本尊)タイプ具象物タイプ

若宮八幡宮境内にある神社。「金山(かなやま)」と「金魔羅(かなまら)」(魔羅とは男根のこと)の読みが似ていることや、金山比古神が「鉱山・鍛冶屋の神」で鍛冶に使う鞴(ふいご)のピストン運動が性交を連想させることなどから、性神としても信仰されている。御神体は金属製の男根で、「かなまら様」(金魔羅様)とも呼ばれる。かなまら舟神輿(みこし)も黒の男根型。

ご利益として、「子孫繁栄」「夫婦和合」「性病快癒」「下半身の傷病治癒」などに霊験がある。また最近では「エイズ除け」「不妊解消」「性病快癒」を願う性風俗関連産業関係者などの信仰も厚い。春に開催される「かなまら祭り」も盛大に盛り上がる。

中に収まる守札は、「かなまら御守」と彫られた真鍮製の男根となる。長さ24ミリ、太さ5ミリでそこそこの重みを感じる。

元気あふれ、力みなぎる男根像は生命の根源である。

金山神社の情報

住所:神奈川県川﨑市川崎区大師駅前2-13-16

夫婦和合

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 御守大学

  • 御守日和

  • 有難屋

  • 広告1

  • 大おまもり展

  • じゃらん

  • facebook