御守博物館

日本全国の御守りを紹介します

金刀比羅宮/ Kotohira-gu

大物主神Omononushi-no-kami

開運招福

“讃岐のこんぴらさん”で親しまれ海上安全を願う黄金色の御守り。

御守りサイズ:W50mm × H82mm

守札(ご祭神/ご本尊)タイプ和紙タイプ

“幸福の黄色いお守り”として授与されている御守り。この鮮やかな黄金の黄色は、漢方薬の原料であり魔除けの効果があることで知られるウコンの色。このウコンで絹糸を染めて織られた御守りなのである。よって、力強さがあり、身近に持っているだけで元気が溢れ、福を招いてくれる力を持つ。

文様は、海の守護であることから波が描かれているが、表は荒波で、裏はさざ波となってニ面性を表している。

御守りの完成度としては、デザインや素材感、作りや縫製などトータルでみても、オマコレのベスト5に入るものである。

中の守札は、和紙タイプであるが、変形型で幅が33ミリ、高さ55ミリと巨大である。また、普通は守札+保護用の厚紙だけなのだが、この御守りは、守札+厚紙+スポンジ+薄和紙と厳重に守られている。手が込んだご利益価値の高い御守りである。

金刀比羅宮の情報

住所:香川県仲多度郡琴平町892番地1

ホームページ:金刀比羅宮

開運招福

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 御守大学

  • 御守日和

  • 有難屋

  • 広告1

  • 大おまもり展

  • じゃらん

  • facebook