御守博物館

日本全国の御守りを紹介します

明治神宮/ Meiji-jingu

明治天皇+昭憲皇太后Meiji-tennou + Shouken-koutaigou

開運招福

初詣参拝者数26年間連続日本一を誇る神社の御守り(2012年現在)。

御守りサイズ:W53mm × H95mm

守札(ご祭神/ご本尊)タイプ和紙タイプ

独特のカタチをした珍しい御守り。色味も特徴的で、地は薄いグレー、文様には「黄櫨染(こうろぜん)」という天皇にのみ用いられる色を使用し、同色の紐を合わせて、まとまりのある雰囲気の完成度が高い御守りである。

守札は、標準的な和紙のものであるが、それを包む保護用の厚紙にまで「十六菊」の神紋と「御守」の文字、裏面には「除災招福」と朱色で印刷されているものは初めてお目にかかった。

ご利益は、仲良くお祀りされるご祭神にあやかり「夫婦円満」や、毎年初詣で日本一の参拝者を集めるというブランド力にあやかり「集客向上」も考えられる。

類似のパターンとして戸隠神社(長野)がある。同色の小葵文が全体に入り、「十六菊」の神紋も同様、裏の神社名の組み方も似たような感じとなる。戸隠神社はカタチが標準の御守りとなる。

明治神宮の情報

住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1

ホームページ:明治神宮

開運招福

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 御守大学

  • 御守日和

  • 有難屋

  • 広告1

  • 大おまもり展

  • じゃらん

  • facebook