御守博物館

日本全国の御守りを紹介します

難波八坂神社/ Nambayasaka-jinja

素戔嗚尊Susanoono-mikoto

厄除け

前厄・本厄・後厄と三年にわたって厄除け守護をしてくれる御守り。

御守りサイズ:W40mm × H70mm

守札(ご祭神/ご本尊)タイプ和紙タイプ

境内にある、高さ12m、幅7m、奥行き7mという巨大獅子頭の獅子舞台。これがモチーフとして御守りの裏面に描かれている。そしてその獅子の口に噛まれた「難波八坂神社」の文字の入る帯。まさしく「獅子噛み=獅噛=しがみつく」である。大口を開け皎々と輝く眼で睨む事で、強烈な降魔力を発散している。魔を祓い吉祥を招く豊穣力となるのである。インドに意匠として伝わる狂乱の獣面「キルティムカ(栄光の顔)」と同様のもの。

色は他にそれぞれに淡いカラーバージョンも授与されている。御守りとしては小型のものとなる

ただこの御守りを持ち歩いていると、年齢がばれてしまう恐れもあるので要注意。

前・本・後厄と三つの御守りを授与している神社は他(足羽神社-福井など)にもみられる。

難波八坂神社の情報

住所:大阪府大阪市浪速区元町2-9-19

ホームページ:難波八坂神社

厄除け

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 御守り大学

  • 御守日和

  • 広告1

  • 大おまもり展

  • じゃらん

  • facebook